>  > インクリアとは?

インクリアとは?使い方や効果まとめ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インクリアとは

インクリア

 女性の多くがデリケートゾーンのニオイに気にしているものの、具体的にどうやってケアをしたらいいのかわかっていないようです。「おりもの」についても、どうして起こるのか、どんな対策があるのか、あまり知らないのではないでしょうか。
 「インクリア」は、膣の健康を保っておりもののニオイを解消してくれる洗浄器。「洗浄器」なのですが、膣の内部をただ洗い流すというわけではありません。膣のpH(ペーハー)バランスを整えるのです。
 pHとは「水素イオン濃度指数」で、pHが少ないと酸性に傾き、大きいとアルカリ性に傾いていることになります。
 私たちが健康なときは、腟分泌液はpH値が3.8~4.5で、酸性に保たれています。腟の「デーデルライン桿菌」という善玉菌が乳酸を作り出して腟が酸性であるおかげで、雑菌の繁殖を防いでいるのです。これが「腟の自浄作用」。
 産婦人科の丹羽咲江医師は、「不規則な生活やストレスなどで、女性ホルモンの分泌量が減少します。するとデーデルライン桿菌が乳酸を作り出せなくなってしまい、自浄作用が弱くなります」と語ります。
 その結果、繁殖した雑菌が悪臭を作り出し、おりもののニオイを発生させているのです。
 インクリアは腟の自浄作用を助け、おりものをはじめデリケートゾーンのニオイを防いでくれます。

インクリアの成分は?

 インクリアの成分は精製水、グリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、乳酸、クエン酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸メチル、エデト酸二ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウムです。
 配合されている乳酸が、膣内を酸性に傾ける役割を果たし、腟の自浄作用をサポートします。

インクリアの使い方

1.インクリアは、1本ずつ個別包装されています。指先を清潔にしてから、この袋から本体を取り出しましょう。
2.本体は注射器型になっていて、先端にキャップがついています。先端のキャップを折るようにして引き抜きます。
3.体をリラックスさせた状態で、本体の先端から5~8センチまでを膣内に挿入します。ピストンをゆっくりと押してインクリアのジェルを注入します。そして容器をゆっくりと引き抜いてください。
 下着の汚れが気になる場合は、ナプキンやライナーを使用しましょう。
 使用量については、1日に1本が目安です。ニオイが気になるときに使うといいですね。
 妊娠中やデリケートゾーンに炎症などの異常がある場合は、使用前に医師と相談してください。

いつ使うのがいい?使うときのポイントは?

 女性の場合はホルモンの分泌周期に合わせて体調が変化します。おりもののニオイについては、生理前に臭くなる人は少なくありません。こうしたときにインクリアを使うと、ブルーな生理前も快適になるでしょう。
 また生理が終わる頃に気になるデリケートゾーンのニオイ解消にも、月経血を洗い流してくれるインクリアは役立ちます。
 ただし生理の時期は女性の皮膚は過敏になっています。そのためあまり刺激を与えるのは好ましくないので、インクリアを使用するのは1日1本以下にとどめておいたほうがいいでしょう。
 それから、インクリアは1日の中でいつ使ってもかまいませんが、おすすめの使用タイミングは寝る前。インクリアを膣内に注入して立ったり歩き回ったりしていると、重力にしたがって流れ出してしまう可能性があるからです。その点、就寝中は体が横になっているので、インクリアが膣内にとどまりやすいと言えます。

インクリアのレビュー・効果は?

 インクリアのモニター調査では、なんと88%の女性が「ニオイが軽減した」といった効果を実感しています。
 「小さくて入りやすい形状なので安心」「生理後の洗浄に使ってみたら、ニオイが気にならなくなりました」
「1日でニオイが消えました! こんなにすぐ効くと思わなかったのでびっくりです」「ニオイが気にならず、安心してスカートがはけました」「オリモノが気にならなくなった気がします」「ニオイが気になって、いろんな石けんなどを使ってみたけど効き目がありませんでした。それがインクリアですぐに消えました」「外出が楽になりました」といった声も届いています。

インクリアは薬局やドラッグストアなどの店舗でも買える?

 インクリアは、薬局やドラッグストアなどの店頭ではほとんど見かけませんでした。販売されている店舗もあるようですが、通販を中心に人気を呼んでいるようですね。

女子ラグビーの横尾千里選手も愛用するリカバリーウエア!効果的な睡眠こそが最大の疲労回復に
オリンピック出場の女子ラグビー横尾千里選手 疲労回復のポイントは?

ハードな仕事に追われ、疲労を溜め込んで体調を崩してしまうサラリーマンは多い。疲労回復のために何を心がけて生活すれば、ハードワークの中でもモチベーションを維持することが可能か――。オリンピックにも出場経験がある女子ラグビーの横尾千里選手(東京フェニックスRC)は、強化合宿や海外への遠征試合などハードなスケジュールをこなしつつ、自身のコンディション作りに努めている。そんな横尾選手に普段から取り組んでいる疲労回復法、健康管理の方法について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche