>  > グルメな糖質制限にアンダカシー

グルメな糖質制限にアンダカシー~ダイエットグルメフェスで注目される理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いまや「糖質制限食」は、ダイエットや糖尿病の治療などで選択される有効な方法のひとつ。糖質は三大栄養素の「炭水化物」に含まれていて、血糖値を上げる原因だ。

 血糖値が上がりすぎると、下げるためにインスリンが追加分泌される。これを1日3食、朝昼晩、頻繁に繰り返すと、膵臓も疲れ、内臓脂肪が増え、メタボリックシンドロームに陥りやすくなる。

 そこで、ご飯、麺、パンなどの炭水化物(糖質)は控えめに――というのが糖質制限だ。そして、炭水化物の代わりに、肉や魚、卵などの動物性タンパク質、脂質を増やす食事を心がける。

 日本では「ローカーボ」と呼ばれる糖質を抑えた食事は、英語の「low-carbohydrate(ローカーボハイドレイト)」の略語。ローカーボは健康志向の人に広がり、一般の人にも認知されてきた。

おいしくローカーボな生活を

 とはいえ、健康的であってもおいしくなければ一過性のものになって、長続きしない。そこで、糖質制限をメインにしたおいしくて楽しい、グルメフェスを紹介したい。

 2018年5月19日(土)と20日(日)、中野パークアベニュー(中野駅徒歩5分)で「第1回ダイエットグルメフェスローカーボ革命2018」が開催された。

 フェスには、ローカーボを謳った飲食店が並び、ゲストとして、美尻トレーナーの岡部友さん、大食いアイドルのもえのあずきさん、糖質制限で著名な宗田哲男医師、糖質制限食を加えた学習方式を提唱する三島学さんらを招き、トークショーやサイン会なども開催。

 このフェスの実行委員長であるローカーボ料理研究家の藤本なおよさんは、「ダイエットや美容、アンチエイジング、病気予防にもオススメの食事法です」と、ローカーボの効用を挙げて、フェス開催までの経緯と意義をこう述べる。

 「今回のフェスは、多くの人に『ローカーボ』を知って欲しいという思いで企画をスタートしました。同じ志を持つ仲間と一緒に実行委員会を立ち上げ、2日間で延べ2万人規模のイベントを目指しています」
    
 そして「ローカーボには、さまざまな選択肢があります。多くの方が、おいしくて楽しいローカーボの世界に触れて、さらにその認知が広がれば、関連商品もより多く流通するはず。飲食店やコンビニでも、もっと簡単にローカーボ商品の購入が可能になります」と将来の可能性を話してくれた。

ローカーボで体の不調が改善

 フェスの成功に向けてまい進した藤本さんのこだわりは、自身のローカーボ体験にある。

 「幼少期から身体が弱くてアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などにずっと悩んでいました。社会人になってからもその症状は続き、ある時、仕事のストレスで体調を大きく崩すことに……」

 その時、知人から「ローカーボ」を勧められて、生活に取り入れた。すると――

 「今まで悩んでいた症状が改善され、慢性疲労も劇的によくなりました。この体験から、ローカーボを多くの人に伝えたいという気持ちが芽生えました」

 そこで、藤本さんはローカーボをさらに学び、親族にも実践させたところ、体調の改善に加えて半年間で18kgのダイエットを実現したという。

 ローカーボの効力を確信した藤本さんは、会社員からローカーボを伝える料理研究家に転身。これまで2000名以上にローカーボのアドバイス、食品メーカーや飲食店のレシピ・メニュー開発などを通じてローカーボの素晴らしさを伝えてきた。

Doctors marche アンダカシー

 藤本さんら実行委員会のメンバーは、フェス終了後もイベントの継続をめざしている。ちなみに、資金調達のためのクラウドファンディングも呼びかけたところ、みごと目標額を達成した。

 おいしく楽しく糖質制限を体験できるこのフェスで、ローカーボを手軽に楽しむ人が増えそうだ。


グルメな糖質制限にアンダカシー~ダイエットグルメフェスで注目される理由の画像3

藤本なおよ(ふじもと・なおよ)
ローカーボ料理研究家。幼少期から身体が弱く、さまざまな不定愁訴を「ローカーボ(糖質制限)」の食事で克服。「人の身体と心は食事でできる」ことを伝えたいと思い、2014年、ローカーボ料理教室を開催。これまでに、ローカーボ料理研究家として2000名以上に指導。レシピ提供・企業のレシピ開発・セミナー講師などで活動中。

アンダカシーが本当のキレイをつくる~シンデレラ体重はリバウンド体重!?

「『ダイエット=食べない』ってイメージありませんか? 以前の私もそうでした」と語るのは、吉村真麻さん。2017年に放送された『ダイエット総選挙2017 夏の陣』(TBS系)の出演者のひとりだ。番組内でチーム「MEC食ダイエット」のメンバーとなった彼女は、2カ月間で体重マイナス17.8㎏の成果を出し、多くの反響を呼んだ。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche