>  > 若々しさの秘密兵器「アンダカシー」

血糖値を上げないアンダカシー! 「主治医が見つかる診療所」出演の亀川医師も絶賛

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
血糖値を上げないアンダカシー! 「主治医が見つかる診療所」出演の亀川医師が絶賛 の画像1

亀川医師もお勧めしている食品が「アンダカシー」

 「糖化年齢」が1つのキーワードだった、6月28日放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京、夜7時58分から)。テーマは「血糖値コントロールでやせて美肌にスペシャル」である。

 糖化年齢を高くしないために大切なのは、食後血糖値の上昇を抑えることだ。その具体的な方法を紹介していたのが、「なごみクリニック」院長の亀川寛大医師。

 亀川医師自身が血糖値コントロールを行い、15キロの減量に成功。番組冒頭では、下腹ポッコリの見事な中年メタボ体形から、スッキリ細マッチョに変身したビフォー・アフター写真が紹介されていた。

 そして亀川医師は、患者さんにも血糖値が上がりにくい食事法を指導しながら、手軽に生活に取り入れられるよう、「血糖値が上がらない外食メニュー」の調査を行っている。

 そのデータをもとに、番組では双子のお笑いコンビである「ザ・たっち」に食事法を指導。この2人が体を張って検証したのだが、視聴者の予想を裏切るような驚きの結果が出た。

 血糖値が上がりにくい食事法はどっちなのか、ザ・たっちの検証を紹介しよう。

チーズたっぷりパスタは食後血糖値が上がらない!

   ザ・たっちの兄は「たくや」で、弟が「かずや」。この2人は身長と体重だけでなく、トイレのタイミングもほぼ同じなのだそうだ。

 兄たくやと弟かずやは、食後血糖値を調べるために、まず、24 時間血糖値測定器を装着。そして、亀川医師がミッションとして課した外食メニューをそれぞれが食べて、血糖値の変化を調べた。

①ラーメン「野菜が山盛り」「チャーシュー追加」で比較

 ラーメン店で、弟かずやは「トッピングなし」、兄たくやは「トッピングあり」を食べるのがミッション。たくやのラーメンには、もやしやタマネギといった野菜が山盛りに載せられ、さらにチャーシューが3枚追加された。

 兄たくやのほうが、明らかに食べる量もカロリーも多い。ところが食後血糖値は、兄たくや(トッピングあり)よりも、弟かずや(トッピングなし)のほうが、先に上がっていったのだ。その様子を見たスタジオのゲストたちは、信じられないという表情をしていた。

②アイスコーヒーと牛乳はどちらが……

 ハンバーガー店で、ハンバーガーと一緒に飲むドリンクを、弟かずやは「アイスコーヒー」に、兄たくやは「牛乳」にした。すると、食後血糖値は、兄たくや(牛乳)よりも、弟かずや(アイスコーヒー)のほうが急激に上がった。

③パスタはたっぷりチーズに秘密が

 パスタ店で、2人ともミートソースパスタを食べる。ただし、弟かずやは「トッピングなし」で、兄たくやは「チーズをたっぷりとかけ」て食べることになった。その結果、兄たくやよりも弟かずやのほうが、食後血糖値はすぐに上がっていった。

④ラーメンは「醤油」「とんこつ」のどちらに軍配が?

 ラーメン店で、弟かずやは「あっさりとした醤油」を、兄たくやは「こってりとしたとんこつ」を食べた。すると、弟かずやは(醤油)の血糖値がどんどん上昇し140mg/dlに迫る勢い。一方の兄たくや(とんこつ)は、血糖値の上昇が穏やかだった。

 以上のように、私たちが「不健康」「太りそう」と思って敬遠しがちなメニューのほうが、血糖値が上がりにくいという結果が出てしまったのだ。

脂質やタンパク質が糖質の吸収を穏やかにする

 亀川医師の解説では、脂質やタンパク質が糖質の吸収を穏やかにするということだ。

 ミッションの①では、「チャーシュー」が血糖値の上昇を抑える役割を果たしていた。そのため「むしろ(チャーシューを)食べていただきたいですね」と亀川医師がコメント。

 同様に、②は「牛乳の乳脂肪」、③では「チーズの乳脂肪」、④については「とんこつスープに含まれる骨の髄から出たたっぷりの脂肪」によって、血糖値が上がりにくくなったわけだ。

 番組で血糖値が上がりにくい食事法を指導した亀川医師がお勧めしている食品が「アンダカシー」だ。沖縄で昔から食べられてきた伝統的な食品。豚の脂身からラードを取った後に残るものだ。

 見た目はスナック菓子で、食べるとパリッパリッと歯ごたえもある。何よりに高タンパクで良質な脂質が豊富だ。

 亀川医師によれば、アンダカシーを食べた後、2名の食後血糖値を調べたところ、1時間後の血糖上昇値の平均が0.5 mg/dl。血糖値の上昇はゼロと考えられるそうだ。

 亀川医師のFacebook「血糖値が上がらないお店、メニュー」でも次のように絶賛している。

《今回は鶏ガラのボーンブロス200gと一緒に、あんだかし50g頂きました》

《パリっ、パリっと食べるごとに大きな音がして、まるでスナック菓子を食べているようです》

《食べごたえもあります。おやつ代わりはもちろん、スープ等と一緒ならランチにも十分です》

 血糖値の上昇は(30分→1時間後)

 被験者1=-5→-8mg/dL
 被験者2= 0→ 9mg/dL

 《一瞬我が目を疑いました(笑)スゴくないですか? 1時間後の血糖上昇値を平均すると0.5mg/dLなのでほぼ誤差範囲、血糖値の上昇はゼロと考えます。これだけのボリュームで、この結果は素晴らしいです。お子さんにも安心して食べさせられます》

 カロリー至上主義だったこれまでの食事指導では、目の敵にされてきた脂質。しかし、血糖値の急上昇を抑える点では、むしろ脂質を上手に摂取して、糖質を減らすべきなのだ。

血糖値を上げないアンダカシー! 「主治医が見つかる診療所」出演の亀川医師が絶賛 の画像2

亀川寛大(かめかわ・かんだい)
なごみクリニック(熊本市)院長。1972年、鹿児島生まれ、熊本育ちの九州男児。97年、宮崎医科大学(現・宮崎大学)医学部を卒業後、熊本大学、宮崎大学付属病院で消化器外科を専攻、鹿児島市医師会病院を経て、2003年、医療法人悠隆会(宮崎県延岡市)に勤務。17年6月より現職。糖質制限指導、間欠的ファスティング指導を行うほか、熊本を中心に全国各地で糖質制限セミナーを実施している。2018年8月下旬に『ラーメン好きの医者が教える糖質制限の外食ガイド』(マキノ出版)を刊行予定。

●『亀ドク』亀川寛大 糖質off-icialサイト http://toshitsuseigen.biz/
●問合せはこちら e-mail:toukasonjyuku@gmail.com

女子ラグビーの横尾千里選手も愛用するリカバリーウエア!効果的な睡眠こそが最大の疲労回復に
オリンピック出場の女子ラグビー横尾千里選手 疲労回復のポイントは?

ハードな仕事に追われ、疲労を溜め込んで体調を崩してしまうサラリーマンは多い。疲労回復のために何を心がけて生活すれば、ハードワークの中でもモチベーションを維持することが可能か――。オリンピックにも出場経験がある女子ラグビーの横尾千里選手(東京フェニックスRC)は、強化合宿や海外への遠征試合などハードなスケジュールをこなしつつ、自身のコンディション作りに努めている。そんな横尾選手に普段から取り組んでいる疲労回復法、健康管理の方法について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche